エゴマ油の効能ある摂取方法は?摂取時間・摂取量は?朝・夜いつ?


エゴマ油の効能ある摂取方法は?摂取時間・摂取量は?朝・夜いつ?

「エゴマ油には正しい
飲み方があります(`・ω・´)ゞ」

肌荒れの改善ダイエット認知症や
脳梗塞の予防など、様々な健康効果が
期待されているエゴマ油ですが、

実際に買ってきて実物を目の前にすると、
どうやって摂取すれば良いのか悩んで
しまいますよね?

油をそのまま飲むなんてことは、
今までしたことがなかったと思うので、

「いつどの位飲めば
良いんだろう(・・?」

と思うのが普通の反応だと思います。

エゴマ油は体に良いので、飲む時間
気にせずに、普通に摂取するだけでも
一定の効能は期待できるでしょう。

しかし、もしもあなたがエゴマ油を

・ダイエットのため
・肌荒れの改善のため
・認知症の予防のため

等といった、

特定の目的のために摂取するのであれば、
あなたの目的に適した効果的な摂取方法
取り入れいくべきです(`・ω・´)ゞ

それを知らずにグビグビ飲んでしまうと、

飲み過ぎて太ったり、
期待した効能が得られない

等といった事態になりかねません。

しかしながら、巷では、エゴマ油は

1日に小さじ1杯が良いらしい

だとか、

1日大さじ1杯が良いらしい

等など、

言われていることがバラバラなので、

「どうやって摂取すれば
良いのか分からない(*_*;」

という状況に陥りがちです。

実は1日に小さじ1杯でも大さじ1杯でも
どちらも間違ってはいません

どちらの摂取量が良いかは、あなたが
エゴマ油をダイエットに使うのか、
肌荒れの改善のために使うのか、

或いは認知症を予防するために使うのか、
何の目的に使うかによって変わります(・_・)

では、

エゴマ油の正しい摂取方法とは
どんな方法なのでしょうか?

ここではあなたがエゴマ油の効能を
最大限に得られるように、

ダイエット・美肌・認知症の予防の
3つの使用目的について、

それぞれのおすすめの摂取方法
紹介していきますねヽ(=´▽`=)ノ

 

※関連記事はこちら
⇛【えごま油の効能は?認知症に効果的って本当?林修のTV2016で話題!

エゴマ油の効能ある摂取方法は?

 

エゴマ油の効能ある摂取方法①
【ダイエット目的の場合】

最初に、エゴマ油がダイエットに良いと
言われる理由を簡単におさらいしておくと、

エゴマ油にはα-リノレン酸60%近く
含まれていて、

このα-リノレン酸には、代謝を上げて
体に蓄積された脂肪の燃焼を促進させる
働きがあるので、

エゴマ油はダイエットに良い

ということでしたよね?

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」
によると、

α-リノレン酸は1日あたり2.0~2.9g以上
摂取することが推奨されています。

これは、仮にα-リノレン酸を60%含む
エゴマ油を摂取していく場合、

0.33g~0.48g以上摂取すれば良い
計算になりますね。

小さじ1杯が5ml(5mg)なので、

少なくとも毎日小さじ1杯以上

のエゴマ油を摂取すれば良いことが
分かりますね^^

ちなみに、タレントのざわちんさんは
毎日大さじ一杯(12ml)のエゴマ油を
摂取した結果、

1週間で-1kg!
1ヶ月で-5kg!

のダイエットに成功していましたね(゚д゚)

なので、もしもあなたがエゴマ油を
ダイエット目的に使うのであれば、

小さじ1杯(5ml)~大さじ1杯(12ml)
エゴマ油を毎日摂取すると良いでしょう。

ちなみに、摂取する時間については
特に決まりはありませんが、

22時~2時の間は、体の中にある
「BMA1L」という細胞が活発に働いて、

脂肪を溜めやすくするので、この時間帯は
避けた方が無難でしょうね。

只、それはあくまでも一般論です。

実は、この22時~2時という時間帯での
摂取は、場合によってはダイエットに良い
ケースもあるんです。

そのケースというのが、便秘です!

実は22時~2時の間は腸が活発に働く
時間帯でもあるんですよね。

この時間にエゴマ油を摂取すれば、
腸の中の悪玉菌の排泄が促進されて、
便秘の改善が期待できるんです。

便秘が改善されれば、お腹の中に
溜まった便が出てスッキリするので、

体が軽くなってダイエットに繋がる
という訳なんですね。

なので、もしもあなたが便秘気味なら、
22時~2時にエゴマ油を飲んでみるのも
おすすめと言えるでしょう。

ちなみに、ざわちんさんは22時~2時に
エゴマ油を飲んで、ダイエットに成功して
いましたね^^

 

※関連記事はこちら
⇛【えごま油のダイエット効果は?ざわちんが1ヶ月で5kg痩せた方法は?

 

エゴマ油の効能ある摂取方法②
【美肌目的の場合】

エゴマ油に含まれるオメガ3脂肪酸には、
腸の中の悪玉菌の排出を促進させる
働きがあるので、

毒素が肌の細胞まで行き渡るのを防いで
肌荒れの改善が期待されていますよね。

そんな、肌荒れの改善におすすめの
摂取量は、

1日大さじ1杯(12ml)です!

ちなみにこれは、タレントのざわちんさんが
エゴマ油を使って実際に行った美容法で、

「1日12mlのエゴマ油を
22時~2時の間に摂取する」

という生活を1ヶ月続けた結果、

肌年齢が36.5歳⇛26.5歳まで、
10歳も若返る結果となりました(゚д゚)

肌質の改善が実感できるようになる
までは個人差がありますけど、

早ければ1週間~10日で肌の変化が
実感できるでしょう^^

 

※関連記事はこちら
⇛【えごま油 ざわちんの飲み方は?飲む時間・量は?-10歳肌になろう!

 

エゴマ油の効能ある摂取方法③
【認知症の予防が目的の場合】

エゴマ油が認知症の予防に良いと
言われているのは、

エゴマ油の主成分のα-リノレン酸
体内でDHAEPAに変化して、

このDHAやEPAが脳の神経細胞を
活性化させるからでしたよね?

そんな認知症の予防に推奨されている
エゴマ油の摂取量は、

1日小さじ1杯(5g)です!

これは、ダイエット目的の場合と
ほぼ同じ摂取量ですね。

ちなみに、

摂取する時間は朝が良い

と言われています。

というのも、朝の方が夜よりも紫外線等の
影響によって、脳が酸化しているからなんだ
そうです^^;

なので、エゴマ油を認知症の予防のために
摂取する場合は、脳の酸化を防ぐために、
朝に摂取しましょうね!

 

※関連記事はこちら
⇛【えごま油 国産 人気おすすめ通販ランキング2016!無添加もあります!

まとめ

 

エゴマ油には

・ダイエット
・肌荒れの改善
・認知症の予防

など、それぞれの目的に適した
摂取方法がある

エゴマ油を適当に飲んでしまうと、

太ってしまったり、期待していた
効能が得られない可能性がある。

エゴマ油をダイエットのために摂取
する場合は、

1日の摂取量は小さじ1杯~大さじ1杯
がおすすめ。

1日に必要なαーリノレン酸の摂取量を
カバーできる。

摂取する時間は脂肪を溜めやすい
22時~2時意外の時間が無難。

但し、便秘の症状がある場合は、
腸が活発に働く22時~2時に飲むのも
一つの方法。

美肌目的なら、1日12mlを22時~2時に
摂取するのがおすすめ。

認知症の予防のためなら、1日に
小さじ1杯(5g)を摂取すると良い。

摂取する時間は、脳が酸化しやすい
朝に摂取するのがおすすめ。

脳の酸化を防ぐ効果が期待できる。

 

最後までお読み頂きありがとう
ございました。良い一日を。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す