米油の使い方は?加熱に強いの?おすすめの食べ方を教えます!


米油の使い方は?加熱に強いの?おすすめの食べ方を教えます!

「米油ってどうやって
使えば良いのかな(・_・;)」

米油にはビタミンEがたっぷり含まれて
いて、とても体に良い油だと聞いて、

あなたもこれから米油を積極的に
摂取していこうとしている所でしょう。

けれど、実際に購入して自宅で使って
みようとすると、

サラダ油と同じような感じで
使っていいのかな(・_・;)

「えごま油みたいに熱に弱かったら
どうしよう(-_-;)

等など、

今まで使ったことの無い油なので、
どうやって食べればいいのか分から
なくて困っちゃいますよね(;´∀`)

健康に良い米油ですが、せっかく摂取
するなら、美味しく食べたいですよね?

ということで、ここでは米油は加熱しても
良いのかどうかと、おすすめの食べ方
紹介していきますねヽ(=´▽`=)ノ

 

米油の使い方は?

 

米油はあなたが普段、自宅で使っている
料理用のサラダ油と全く同じように使う
ことが出来ます^^

というのも、実は米油は

熱に強いんです(`・ω・´)ゞ

なので、炒め物とか揚げ物にも
全く問題なく使える油です。

熱に強いというのは、酸化しにくいとも
言い換えることが出来ますけど、

これはかなり大きなメリットですよ^^

というのも、えごま油や亜麻仁油のように、
熱に弱くて酸化しやすい油の場合は、

開封してから時間が経ってくると、
酸化が進んで味や匂いが劣化してきて、
風味が悪くなってしまうんですよね。

けれど、米油は抗酸化成分が豊富に
含まれていて酸化しにくいので、

開封してから最後まで風味を損なわずに
使うことが出来るんです。

そんな米油のおすすめの食べ方
コチラです!

 

米油のおすすめの使い方①
■揚げ物

米油は熱に強いので揚げ物との
相性は非常に高いんです。

熱に強いということは、熱を加えても
成分が崩れずに安定しているという
ことです。

安定性は抜群に高いので、1度
揚げ物に使った米油でも、4回位は
平気で繰り返し使えちゃいます^^

1度使って余った油でも、料理に十分
使えるので、経済的ですよね。

更に、米油は油切れが良いので
揚げ物をカラッと作ることが出来る
嬉しい特徴もあるんです。

なので、米油は天婦羅なんかには
特におすすめの油といえますね^^

 

米油のおすすめの使い方②
■ご飯に入れる

米油のおすすめの使い方が、
ご飯に入れる方法です。

ご飯に油だなんて聞くと、えっ?って
感じがしてしまいますけど、

米油は元々米から作られた油なので、
ごはんとの相性も良いんですよね。

米油をご飯に入れるというのは、
食べる直前にかけるのではありません。

米油はご飯を炊く前に入れます

お米を水で研いだから、炊飯器でご飯を
炊く時に、スイッチを入れる前に米油を
炊飯器
に入れましょう。

そうすると、しっとりしたモチモチ
ご飯が炊きあがりますよ^^

米油を入れた炊いたご飯は、冷めた後も
モチモチ感が続いて、美味しく食べられる
のでおすすめです!

ちなみに、ご飯に入れる米油の量は、
お米2合に対して、小さじ1/2杯程度
目安となっています。

 

如何でしたでしょうか?

ここでは、米油の使い方について
ご紹介していきました。

米油は体にとても良いですが、
油であることに変わりはないので、
摂り過ぎには注意しましょうね。

 

まとめ

 

米油はえごま油や亜麻仁油とは違い、
熱に強く、酸化しにくい性質がある。

開封した後も、味や匂いが劣化しにくく
風味が損なわれにくい。

熱を加えても、成分が崩れずに安定
しているため、

揚げ物等で1度使った油も、繰り返し
使うことが出来るので便利。

油切れが良く、カラッと仕上がるので
天婦羅には特におすすめ。

また、米油はご飯との相性も良い。

研いだお米に米油を加えて炊くと、
しっとりしたモチモチのご飯が炊き
あがるのでおすすめ。

 

最後までお読み頂きありがとう
ございました。良い一日を。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す